活動

第3回アジアがんフォーラム

「多極化する世界のなかで
 アジアに向けて今何をなすべきか
 − 国際医療連携の果たす役割

  • 日時:平成21年 2月7日  14:00〜17:00
  • 場所:国連大学エリザベスホール
  • 共済:SciDev.Net

meeting outline和訳あいうえおかきくけこさしすせそなにぬねのあいうえおかきくけこさしすせそなにぬねのあいうえおかきくけこさしすせそなにぬねの あいうえおかきくけこさしすせそなにぬねのあいうえおかきくけこさしすせそなにぬねのあいうえおかきくけこさしすせそなにぬねの あいうえおかきくけこさしすせそなにぬねのあいうえおかきくけこさしすせそなにぬねのあいうえおかきくけこさしすせそなにぬねの

第3回アジアがんフォーラム

話題提供

【第1部 アジアがんをめぐる今日的状況】

疾病構造の変化と国連「ミレニアム開発目標」の展望
井上 肇(厚生労働省国際課室長)
UICCと世界対がん宣言
北川 知行(UICC日本委員会委員長)
APCCの役割
赤座 英之(筑波大学教授)

【第2部】

科学ジャーナリズムの果たすべき役割
David Dickson
多極化する世界のなかで今世界は
黒川 清
ページの先頭へ
COPYRIGHT©2008 Asia Cancer Forum All rights reserved.